平岡塾長の「アフリカで考えたこと」

塾長の「アフリカへ行って考えたこと」の回は、大勢の方にご参加いただきました。間近に迫る野生アフリカ象の写真やライオンがウサギを食べる音が聞こえたというお話にはヒヤヒヤ・ドキドキしてしまいました。皆さんが最も関心を引いたのは人類進化史のお話でした。ケニアは二足歩行を始めた化石人類が発見された地域で、塾長がアフリカに行った目的の一番だったということでした。日本の野尻湖でも3~4万年前にナウマン象を狩りしていた痕跡が残されているそうです。大陸から日本列島に歩いて渡ってきた人類の歴史や、医学の立場から人類ルーツのお話をされる塾長は生き生きとしていました。
 

4月11日の活動報告

 前日は冷たい雨が一日中降っていましたが、11日は気持ちのよいウォーキング日和でした。「智」では、前回の2週間前から今日までの日常をご報告いただいてます。日頃は相手がないので2週間ぶりに話をした、な~んて方もいらっしゃるとか?どなたのお話しも楽しく面白く興味が尽きません。「動」では、ノルディックウォーキングで国分寺崖線と野川に沿ってゆっくり歩きました。滄浪泉園の庭園を見学したり貫井神社をお参りしました。「食」では、身体に良い食事の例を実際に召し上がっていただきながら紹介しています。今回は「長生き味噌汁」の第2弾として「具だくさんの味噌汁」を紹介しました。